アイドル

24時間テレビのメインパーソナリティーは嵐じゃない?その理由は?

今年で(2020年)43回目を迎える「24時間テレビ」。

今回の24時間テレビは、新型コロナウイルスの影響で放送中止かと思われていましたが、あらゆる感染対策を徹底しながら、放送することが決定。

24時間テレビのメインパーソナリティーには、去年(2019年)含め、過去5回も24時間テレビのメインパーソナリティーを務めた嵐でほぼ決定だと言われていましたが・・・。

今回の24時間テレビのメインパーソナリティーは、V6の井ノ原快彦・NEWSの増田貴久・Kis-My-Ft2の北山宏光・ジャニーズWESTの重岡大殻・King & Princeの岸優太の5人に決定。

24時間テレビのパーソナリティーに決定していた嵐に一体何があったのでしょうか。



24時間テレビのメインパーソナリティー予想は嵐!

今年で43回目を迎える24時間テレビ。

年内(2020年)で活動を休止すると発表している嵐がメインパーソナリティーになるのではないかと言われていました。

24時間テレビのメインパーソナリティーが嵐じゃない理由は?

今回の24時間テレビのメインパーソナリティーに決定していたはずの嵐に一体何があったのでしょうか。

早速理由をみていきたいと思います。

嵐のリーダー・大野智 ファンの気持ちを優先したかった

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止や延期を余儀なくされている現在。

「嵐」が5月15、16日に東京・国立競技場で開催予定だったコンサート「アラフェス 2020 at 国立競技場」の延期を発表しました。

年内(2020年)で活動休止を発表している嵐は、年内にもコンサートの日程を再調整しているとのことです。

現在相次ぐイベントやコンサートの中止を受け、嵐のリーダーである大野智さんが、“24時間テレビだけを特別扱いしたくない”という理由からメインパーソナリティーに就くことを拒否。

ファンを優先したいという気持ちもあり、今回の24時間テレビのメインパーソナリティーとしての出演を断念せざるをえなかったようです。

嵐のリーダー・大野智の真面目すぎる性格ゆえ?

今回放送を予定している「24時間テレビ」は、そもそも開催自体に非難の声が殺到していました。

新型コロナウイルスが感染拡大を続ける中、SNSでは24時間テレビの”放送中止”を願う声が多く寄せられています。

 

新型コロナウイルス感染者も連日増え続け、番組中止も叫ばれる中、日テレサイドは改めて24時間テレビをやる意義を主張。

「24時間テレビは、どんな形でもやります」と明言し、24時間テレビの放送に強行な姿勢を見せました。

しかし、新型コロナウイルスの感染が懸念される中での今回の24時間テレビの放送について、非常に真面目な性格の大野智さんはよく思っていないようです。

嵐のリーダーとして責任感も強い大野智さんですので新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況下での「24時間テレビ」のメインパーソナリティーはやらないという決断に至ったようです。

日テレは、ギリギリまで嵐にメインパーソナリティーの出演を打診していたとのことですが、大野智さんが断固として拒否。

大野智さんは頑固な性格で有名ですので、日テレサイドもやむなく嵐への打診を諦めたようです。



24時間テレビメインパーソナリティ嵐じゃない!SNSの声まとめ

年内(2020年)で活動休止をする予定の嵐。

メインパーソナリティーが嵐ではなかったことを受け、SNSでも残念だとの声が上がる一方で、何らかの形で嵐のメンバーが24時間テレビに出演するのではないかとの声も上がっています。

ジャニーズグループが、新型コロナウイルス感染拡大防止を支援する活動「Smile Up!Project」。

その取り組みの一つとして、ジャニーズ事務所所属グループ全15組・75人が、期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(通称:トニトニ)を結成。

現在24時間テレビ側が『Twenty★Twenty(トニトニ)』の出演を現在調整中」とのことですので、トニトニの一員として嵐のメンバーが24時間テレビに出演する可能性もあるようです。

まとめ

今回の24時間テレビのメインパーソナリティーを期待されていた嵐。

まだ24時間テレビの具体的な企画内容は公表されていませんが、何らかの形で24時間テレビで嵐のメンバーに会えるかもしれませんね。